人気ブログランキング |

タグ:テーブルコーディネート ( 28 ) タグの人気記事

2年前のことですが、イギリスとフランスへひとり旅しました。
イギリスの一番の目的は、ジュリアナ先生のアフタヌーンティーレッスンを受けること。
とっても素晴らしい体験でした✨
e0396727_00142527.jpg

ヴィクトリア時代に建てられた一軒家にお住いの先生宅でのレッスン。まずはこの洋書の1ページようなキッチンで、フィンガーサンドイッチ・スコーン・ショートブレッドの作り方を教えていただきます。レシピは「英語と日本語どちらで欲しい?」と聞かれました。(先生はイギリスの方ですが、アシスタントさんが日本の方なのです)「もちろん、日本語!」
e0396727_00143162.jpg


作業が終わったら、今度はリビングルームへ移動。
スコーンを作っている間に、アシスタントさんがテーブルセッティングをしてくださっていました。(1枚目の写真です)ここからはテーブルを囲み、ソファに座ってティーパーティー✨
まずは主夫人の先生が、ソファのすぐ横にセットされたティーコーナー(実はPCデスク!)の前に座られ、「お茶は濃いめ?薄め?ミルクは?お砂糖は?」と好みを聞きながらゲスト一人一人にサーブしてくださいます。カップも自分で選べます。私はスミレの絵のついたカップを選びました☕️
e0396727_00143751.jpg


ティーサーブが始まった頃に、アシスタントさんがオーブンのスイッチをオン!スコーンは10分で焼けるので、着席してお茶やサンドイッチをいただいている間に、ほっかほかの焼きたてスコーンが登場します。これが本当に美味しくて!クロテッドクリーム・イチゴジャム・レモンカードもテーブルにたっぷりと用意されていました。
e0396727_00142894.jpg

アフタヌーンティーをいただきながらも、先生がティーマナーやアフタヌーンティーの歴史、おうちのインテリアのお話をしてくださったり、お茶をすすめてくださったり、皆が均等にお話できるようお話を振ってださったりと、目配り気配りが素晴らしく、感動の連続でした。そして、全てが美味しかった。。
e0396727_00292983.jpg


そんな素晴らしい体験をヒントに、サロンレッスンを企画しました✨
7月2日(火)おうちアフタヌーンティーレッスンです。サンドイッチ、スコーンは、セルクルキッチン主宰の山田睦美先生から教えていただきます。ロンドンではソファでのアフタヌーンティーレッスンでしたが、今回のサロンレッスンではダイニングテーブルでのアフタヌーンティーパーティーのマナー、おもてなしの仕方を、丸山洋子先生から。主夫人となる自分自身が座ったままでティーサーブしたり、ケーキサーブしたり、スコーンの取り回しなどを実践しながら学んでいただきます。
e0396727_00272142.jpg


アフタヌーンティーは、全てを手作りする必要はありません。全部買ってきたってよいのです。でも欲を言えば、焼きたてのスコーンがあれば素敵!気軽で楽しいアフタヌーンティーパーティーをおうちで行うためにも、基本的なことを知っていれば安心です。あとは美味しいお紅茶があれば!
ご興味ありましたらぜひ六甲のサロンレッスンにご参加ください。
11:00〜の部は満席ですが、(キャンセル待ちはお問い合わせフォームにてお知らせください)15:00〜の回に空きがございます。
ご予約はこちらから〜☕️✨





by yurisuzuki | 2019-06-12 00:47 | イベント & セミナー | Comments(0)

新宿伊勢丹に・・・!

2ヶ月ぶりの更新となってしまいました💦
その間色々ありましたが、まずはMY Dear LIFEとして嬉しいニュースからお知らせさせてください。

MY Dear LIFEのリバーシブルプレイスマット が、先月から新宿伊勢丹に常設させていただいています!
オンラインショップをクローズして、どちらかのお店で常設取り扱いいただくのは一つの目標でしたが、それが新宿伊勢丹さんであることがとても光栄で嬉しいです。置いていただいているのは4種類。

リバーシブルプレイスマット フューシャピンク&ベビーピンク φ30cm ¥3,800(税別)
鮮やかなピンクと、優しいピンクのリバーシブル。
ティータイムにはこのプレイスマット がとってもおすすめです。
e0396727_22401302.jpg




リバーシブルプレイスマット バイオレット&ラベンダーグレー φ30cm ¥3,800(税別)
どちらもとっても綺麗な色出しで、和にも洋にも使っていただけます。
このプレイスマット を使うと、おしゃれな雰囲気を作ってくれるの日常で登場機会が多いプレイスマットです。
e0396727_22401003.jpg



リバーシブルプレイスマット グリーン&ホワイト φ30cm ¥3,800(税別)
ナチュラルな雰囲気を作るにはこちらがおすすめです。
北欧系の器ともとっても相性がいいですよ。
e0396727_22400106.jpg



リバーシブルスクエア折敷 白&シルバー 33cm×33cm ¥4,000(税別)
お正月から、日常まで使っていただける正角の折敷です。
おもてなしにもおすすめです。
e0396727_22400885.jpg


こちらの4種類を、新宿伊勢丹5Fキッチンダイニングデコール にご用意しています。
ぜひぜひお出かけください🙂




by yurisuzuki | 2019-06-08 23:05 | お知らせ | Comments(0)

ミモザの時間

2月のテーブルクリエーションサロンレッスンでミモザのリースのワークショップを行いました。
先生は、ご近所のpitou 柳原さん。この季節ならではのもふもふのミモザと戯れる時間に、私も参加しました。
e0396727_16163856.jpg


ナチュラルなリースのベースに、ワイヤーを使わずに花材をさしていくスタイル。作りやすいし、環境にも優しいし、いいことづくしです。
e0396727_16163329.jpg


完成した私のリース。ミモザ以外の花材選びも、パリで修業された柳原さんのセンスが光ります。渋好みな私には苔木がたまらなく、くすぐられました。
e0396727_16163044.jpg


リースが完成したら、みなさんのリースをテーブルに飾って、この日のためにjoie richeさんにオーダーしていたミモザのケーキでティータイム。ミモザには絶対に、リネンのグレーのクロスが合う!と前々からイメージしていたので、そのクロスとリバーシブルプレイスマット のラベンダーグレー、フランスのクロームのイエローのティーウェアで、ミモザづくしの時間です。
e0396727_16163691.jpg


お越しくださった皆様にもとても喜んでいただけました。みなさま本当にありがとうございました。
柳原さんのレッスンは、また定期的にお願いする予定ですので、ご都合よろしければぜひご参加ください。
e0396727_16164004.jpg

by yurisuzuki | 2019-04-06 16:17 | テーブル & ホームパーティー

2月末のことですが、テーブルクリエーションのサロンレッスンでモロッカンティーパーティーを行いました。
7年前に訪れた記憶を呼び覚ましながらの準備。テーブルコーディネートは”マラケシュピンクをイメージしました。
e0396727_23532024.jpg

モロッコのお守りでもある、「ファティマの手」をナプキン飾りとして使って、そのまま皆様にお持ち帰りいただきました。お越しくださった皆様もすぐに身につけてくださり嬉しかったです。
e0396727_00100662.jpg


ティーフーズも色々ご用意しました。
モロッカンサラダや、オリーブ、ナッツやドライフルーツなど、どれもよくモロッコで出て来たものです。
e0396727_00073715.jpg


この日の為に練習した、モロッコのムスンメン!様々なトッピングで楽しんでいただきました。
e0396727_00100932.jpg


ミントティーは、まず甘みをつけた(本場の6分の1くらいのお砂糖の量ですが!)モロッカンミントティー。モロッコで実際に淹れられているやり方で、たっぷりのフレッシュミントを使っていれました。その後、マリアージュフレールの水出しのモヒートティーをこちらもミントつながりで。最後は、シンガポールで購入したモロッカンミントティーを淹れました。
e0396727_00114032.jpg

緻密に準備をしたり、当日の流れをイメージトレーニングしたりして臨んだのですが。お茶会中はバタバタしてしまい全然写真が撮れませんでした。それでも、大好きなモロッコを皆さんにご紹介させていただけ、楽しくお話させていただき幸せな時間でした。お越しくださったみなさま、ありがとうございました。
e0396727_00143318.jpg




by yurisuzuki | 2019-04-05 00:16 | イベント & セミナー

新年明けましておめでとうございます。
みなさまはどんな風にお過ごしでしょうか。
e0396727_01025046.jpg


元旦の今日は、やはりお雑煮。
関西では白味噌のお雑煮が一般的な様ですが、子供の頃からお雑煮は母の好みでお澄ましにお餅、三ツ葉、花かつお、柚子の皮。ここに各々でいくらをたっぷりかけていただくスタイル。結婚して東北にきても、そのお雑煮を貫いています。お餅は夫の母が、農家さんからもち米をいただくのを毎年年末についてくれるので、つきたての美味しいお餅。おかわりしてしまいました170.png
e0396727_01022441.jpg



お皿は少し前に購入した古伊万里。
暮らしの古民具 器 こっころ」さんで購入しました。器も鳳凰や桐などおめでたい柄も綺麗で、あっさりした形も素敵で気に入っています。オンラインショップでのお買い物でしたが、まるでお店で接客を受けている様な丁寧な応対に感激してしまいました。
e0396727_01034360.jpg


御節のお重箱の上には、今年の干支・猪の水引を。
和包み研究家の淵本優子さんにいただいたものです。素敵すぎる!
猪突猛進な雰囲気出ています。優子さん、ありがとうございます。
e0396727_01031833.jpg

2018年がなんだかものすごくバタバタしてしまったので、今年はもう少し丁寧に暮らすことを目標に!
ブログの更新頻度もあげられる様、頑張ります。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
e0396727_01164653.jpg



by yurisuzuki | 2019-01-02 01:16 | テーブル & ホームパーティー

チャイレッスン

神戸ルミナリエは今日からスタート。今のルミナリエは、クリスマスの時期には開催しなくなりましたが、それでも長年の感覚でルミナリエが始まると、クリスマスがやってくる!と感じます。

テーブルクリエーションのサロンレッスンは、12月19日(水)にS*STYLE TEAの田中純幸先生をお招きして、クリスマスのスパイスチャイレッスンを開催します。シナモンやアニスなど、スパイスの香りがふわっとすると、これもまたクリスマスを感じますよね。当日はそんな香りでサロンがいっぱいになりそうで、早くも幸福の予感です。
e0396727_19095739.jpg


写真は全て、数年前に田中先生が我が家へ遊びに来てくださった際、友人にむけてチャイレッスンを開催したときのもの。この時はインドっぽいコーディネートですが、12/19のレッスンは、ガラッと異なる予定です。先生からも「インドのチャイではなく、”オリエンタルチャイ”をテーマに、ヘルシー&ビューティーな感じにする」とお聞きしています。なので、オリエンタルな雰囲気を出しつつ、ちょっとクリスマスの雰囲気も感じるコーディネートを作りたいなと考えています。
e0396727_19072571.jpg


チャイに合うティーフーズ、サモサもレッスン。
ヘルシー&ビュティーに合わせて、油で揚げずにオーブンで焼いたり玄米が入ったりするそうです。この油で揚げたサモサも絶品でしたが、さらに進化している様です。楽しみ!他にもクリスマスらしいティーフーズが登場する予定です。
e0396727_19095931.jpg

そして、アイスチャイを使ったデザートも。これがまた美味しいのです!
初めていただいた時は「これ1つで繁盛店が開けるんではないか」と思ったほどでした。笑
e0396727_19095422.jpg

何より先生のキャラクターとお茶に対する愛情と知識にいつも感激するのです。
e0396727_19103055.jpg


12月19日(水)神戸・六甲のテーブルクリエーションサロンにて13時より開催です。
奇跡的に2席空きがございますので、ご都合つかれましたら是非に。
ご予約・詳細はこちらから→クリックで予約サイトへリンクします

美味しくお茶が淹れられたら、人をお招きするのもさらに楽しみになります。
先生、当日はどうぞよろしくお願いいたします!
e0396727_19065179.jpg







by yurisuzuki | 2018-12-07 19:24 | テーブル & ホームパーティー

テーブルクリエーションサロンレッスンの、berry...樋村 由紀子先生のレッスンのテーブルコーディネートを担当させていただきました。
e0396727_21343948.jpg


クリスマスらしい色使いに、少しだけパープルを加えてちょっとだけ大人の雰囲気に。
お花はTCスタッフの吉岡真澄です。
e0396727_21344180.jpg


レッスンに参加いただいたお客様には、レッスンで使用した器の中で購入可能なものはご案内させていただいています。お家の器を一層したい!と言ってくださるかたもいらっしゃり、嬉しい限りです。
e0396727_21344672.jpg


何より、お料理が素晴らしいのです。器はお料理が乗った時に一番輝くのだなと、今回のレッスンで実感します。
簡単でありながら見栄えがして美味しいお料理を8品。いつも惜しみなく教えてくださる樋村先生に感謝です✨
e0396727_21344352.jpg


博多阪急・うめだ阪急と大人気で完売したトナカイさんのキャンドルホルダー。
この日はキャロットラペを背負ってもらいました。ご購入くださった方も、おしぼり入れにしたり、お花を入れたりと様々に楽しんでくださっているようです。
e0396727_21344733.jpg

樋村先生のレッスンは、また春にも開催予定です。
レッスンカレンダーにアップしたら、インスタグラムなどでご案内させていただきます。
ぜひお越しください。






by yurisuzuki | 2018-12-05 21:41 | テーブル & ホームパーティー | Comments(0)

何から書いたらよいのやら・・・
またもや長らく更新ができませんでした。書きたいことはたくさんあったのですが、日々新しいお仕事で
それが更新され、貯まってしまい、古いことから順に・・と思うと、どんどん時間がすぎてしまいました。
まずは時系列関係なく、レッスンのことを!
e0396727_22471649.jpg


11月からテーブルクリエーションのサロンレッスンがスタートしました。
「ホームパーティー」をメインコンセプトに、様々なレッスンをこれからも行います。
第一回目は、樋村由紀子先生の「秋のホームパーティーフードレッスン」
私はテーブルコーディネートを担当しました。
秋の雰囲気とちょっとかっこいいイメージで、ブラウンやアンバーを中心に。

e0396727_22490374.jpg


先生のデモをみていただきながら、フィンガーフードからメインデザートまで7種類をレッスン。
今回先生にお願いしたのは「ホームパーティーフード」のレッスンです。
一からお出汁をとるとか、丁寧に作ることも大切ですが、ホームパーティーはお掃除やおもてなしにも忙しい。
だから作りおきできたり、プロが進める時短できる材料やテクニックを伝授していただくことが目的です。
そして大切なのは、それでいて華やかで美味しいこと!

e0396727_22555540.jpg


みなさま、とっても楽しんでくださったようでとても素敵な雰囲気が広がり、とても嬉しかったです。
ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました✨
e0396727_22581863.jpg



次回は、11月27日、28日のクリスマスのホームパーティーフードレッスンです。
28日のみ2席空きがございますので、ご興味ありましたらぜひ✨
ご予約はこちらから。

e0396727_23010083.jpg



by yurisuzuki | 2018-11-18 23:01 | テーブル & ホームパーティー

フィニッシングタッチ

ホームパーティーのテーブルコーディネートでも、お仕事のテーブルコーディネートでも、私はカードを手作りすることが多いです。
画竜点睛と言いますか、カードを置くとぐっと引き締まりいいアクセントになってくれると思います。
どうやって作っていますか?とよく質問されますが、パワーポイントを使ってレイアウトして、中厚紙に印刷することがほとんどです174.png
e0396727_12051245.jpg


ずっとずっと思っていたのは、カリグラフィーで手書きでかけたらどんなに素敵だろう!ということ。
新しくスタートするTCサロンレッスンでは、そんなカリグラフィーもレッスンが始まります。
11月5日と13日は「Welcome」をレッスン!
e0396727_12051856.jpg


練習のあとポストカードに清書して、リボンとシーリングスタンプをつけて完成させます。
筆ペンで書く「ブラッシュペン」というタイプのカリグラフィーですので、マスターしていただいたらすぐにお家でも実践していただけます。復習を兼ねて何枚か作ったら、ナプキンに添えてもいいですよね。
コーディネートの最後の仕上げ、フィニッシングタッチにとても活用できると思います。
e0396727_12051672.jpg

レッスンしてくださるカリグラファーの室木智子さんは、私がウエディングプランナー時代、同じ仕事の現場でご一緒したことが何度かありました。その時はご挨拶くらいでお話しすることはありませんでしたが、十何年も経ってからこのようなご縁でご一緒できてとても嬉しいです。先生のレッスンは季節に合わせて様々なご提案をしていきますので、ぜひご期待ください。まずは、絶対使う「Welcome」、おすすめです!
e0396727_12051924.jpg





.


by yurisuzuki | 2018-10-07 12:14 | テーブル & ホームパーティー

フランスの郷土マカロン

前回の記事のコラボレッスンで、祐子先生がレッスンした「郷土マカロン」に、はまってしまいました!
自分自身の備忘録としても、郷土マカロンについて書いておきたいと思います。
(記載している内容は全て、祐子先生のセミナーとレジュメに基づきます)
e0396727_23422152.jpg


フランスを代表するお菓子、マカロンにはたくさんの種類があり、地方により特色があります。
まず思い浮かぶ、すべすべしたカラフルなマカロンは「マカロン・パリジャン」。
こちらはとても歴史が浅く、1930年に日本でもおなじみラデュレが考案したそうです。
こちらもラデュレのマカロン。キャンドルスタンドにガラスアダプターを組み合わせて器にしました。
e0396727_23555431.jpg
こちらは、ピエール・エルメのイスハパン。
e0396727_00094963.jpg



フランス最古と言われるマカロンがこちら。コルムリーのマカロンです。アミューズスタンド3段に。
791年( !! )にロワール地方のコルムリー村の修道院で生まれたとされています。
写り込んでいるフランスの地図のフラッグは、食べるときに「これはどこのマカロン?」「コルムリーってどの辺?」という事が一目でわかるように、手作りしました。

e0396727_23583943.jpg


こちらは、ピカルディー地方、アミアンのマカロン。13世紀後半から作られていたとされています。蜂蜜とアプリコットジャムを加えた生地で、見た目はサクサククッキーにのようですが、ねっちっとした口当たり。小さなバスケットにいれました。
e0396727_00014453.jpg

こちらも13世紀ごろが起源の、ボルドー地方サンテミリオンのマカロン。
写真がピントが合っていないのしか撮れていなかったのですが、表面にお砂糖がまぶしてあり他のマカロンとはまた異なる口当たり。表面がひび割れているのも特徴だそうです。アミューズスタンド2段に、La vieベージュの15cmプレートをあわせました。
e0396727_00043036.jpg

こちらは17世紀ごろから作られ始め、19世紀に広まったとされる、ポワトゥー・シャラント地方、モンモリオンのマカロン。星型の口金で渦巻き状に絞って焼くのが特徴だそうです。こちらのレシピを教えていただいたので、作ってみたい!
e0396727_00071798.jpg


どれも一見、まるでクッキーのようなのですが、食べてみるとアーモンドプードルが入っているからか、ねっちりしっとりしています。とても美味しかったので、すっかりはまってしまいましたが、気軽に売っていないので、いつかまた旅した時の楽しみにしたいと思います。

こうして振り返って、また楽しかったレッスンの思い出に浸りました♪
e0396727_23421995.jpg




.


by yurisuzuki | 2018-07-31 00:15 | テーブル & ホームパーティー